2013年02月16日

倉木真二さんのアイアンショットのコツ

gik01.jpg

ドライバーで飛距離を出せてもアイアンがボロボロで、距離感も方向性もまるでコントロールできずにいたとしても、
急な傾斜からのショットでもトップやシャンクをしなくなり、ピンチを無難に切り抜けられるスキルが身につくレッスン法がこちら






ゴルフで本当に大切なのは、どんな状況においても、常に一定のフォームでスイングができるようになることです。


あなたも、正しいスイングフォームさえできるようになると、体格・年齢・性別に左右されることなく、

↓のようになることができます。


images3.jpg

弾道も高く上がり過ぎることがなくなる

ボールの飛距離をスイングのふり幅だけで簡単にコントロールできる

同伴競技者に迷惑をかけることがなくなる

満足のいくゴルフができる





しかし、多くのゴルファーは、根本的に正しいスイングフォームというものをよく理解しないまま、

雑誌などの知識を断片的につなぎ合わせたり、自分の経験でフォームを作ってしまい、

自分ではうまく振れているつもりでも、実はあちこちに問題点を抱えているケースがほとんどです。


こうした問題点は、コース状況によってさまざまな症状として表れてしまい、

いつまでも↓のような状態に苦しめられることになります。

レッスン書を買いあさっても意味がない

楽しんでラウンドできたためしがない

アイアンのスイングがうまくならずスコアアップできない

ロングアイアンの苦手意識が抜けない





では、正しいスイングフォームを身に着けるためには、どうすればよいか?というと、

できるだけ今までの知識や先入観を捨てて、0から学びなおすつもりでスイングの練習をしていくべきです。


そこでおすすめなのが、倉木真二さんのアイアンショットの極意で、

このマニュアルでは、これまでに数千人のゴルファーをレッスンしてきた倉木さんのノウハウがぎっしりと凝縮されています。


わずか1か月で飛距離を何十ヤードも伸ばすことに成功させたこともある倉木真二さんの詳細なプロフィールはこちらでも紹介しています。

gik05.jpg




posted by 倉木真二 at 08:16| アイアンショット コツ | 更新情報をチェックする

倉木真二さんのゴルフスイング ダウンブローとは?

ゴルフ倉木02.jpg

アイアンショットの極意の倉木真二さんとは、

「元ゴルフ研修生クラフトマンのゴルフ相談日記」という人気ブログの運営者でもあるので、あなたもこのブログを見たことがあるかもしれませんが、

クラフトマンになる前は、アシスタントプロもやっていたことがある人です。


膨大なレッスン経験から、スイング上達に直結するノウハウを数多く持ち合わせており、

これまでにインターネット通販限定で、いくつものレッスンマニュアルを公開しています。


gik02.jpg



アイアンショットの極意は、2打目以降のコントロールを飛躍的にアップさせるために作られたマニュアルで、

ロングアイアンを苦手にしていたとしても、飛距離アップと方向性の修正を同時に実現することができます。


マニュアルの詳細について、ここではポイントを整理していくつか紹介をすると、

gik03.jpg

本当に正しいターフの取り方と、そのメリット

ダウンスイングの瞬間にやってしまうと絶対に本当のナイスボールが出ない問題と、その解決法

スライス、フックで悩んでいるゴルファーの解決にも有効な「回転軸の秘密」

「角速度」「回転速度」「角加速度」を理解して、インパクトのエネルギーを最大化する方法





こうした内容となっていて、

なぜシャンクしてしまうのか、チーピンがなぜ起きるのか?といった、スイングの問題点の本当の原因を体で理解することができます。



ゴルフは、正しい知識を身に着けることが不可欠で、間違った知識や断片的な情報だけで練習をしているうちは、

自分ではスイング矯正をしているはずなのに、悪い癖をどんどん体に染みつかせる結果になりかねません。


あなたも、腰や背中などに負担をかけるスイングを続けて、ゴルフを続けるのが難しくなるほどのダメージを負ってしまう前に、

スーッと流れるような自然な動作を身に着け、少ない力でより遠くに飛ばし、自分の思い通りのゴルフができるようになりませんか?


gik05.jpg

正しいハンドファースト、ダウンブローが身につく倉木真二さんのアイアンショットの極意を試してみるにはこちら







posted by 倉木真二 at 08:16| ゴルフスイング ダウンブロー | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。